タマゴノドン Tamagonodon タイアップ No.0051

PROFILE

北海道の鶏たちの間には一つの言い伝えがあった。道内のどこかに、卵の形をしたニワトリ族の守り神が眠っている。その卵が大地の活力を送ってくれるおかげで、自分たちは毎日健康に卵を産み続けられると。クッククック鳴きながら、鶏たちはそんな伝説を何世代も伝えてきたのだ。はたして、この伝説は本当となった。新千歳空港のロビーで子どもたちがふざけてお土産の卵を割ってしまうと、突然地の底から巨大卵が現れ、パカッと割れて怪獣タマゴノドンとなって暴れだしたのだ。だがタマゴノドンは、ちょうど飛び立った旅客機を自分の母親だと思い込む。真似をして空を飛ぼうとするタマゴノドン。……飛べない。ますます狂暴化するタマゴノドン。と、その時、千歳じゅうの鶏たちが鳴いてタマゴノドンを諌める。するとタマゴノドンの体は突然弾け、無数の羽根の生えた卵となって空に飛び立ち消え去った。怪獣は鶏たちの思いが作り出した幻だったのか。この話、鶏が先か卵が先かは誰にも分からない。

 

One legend was existed among the chickens in Hokkaido. A guardian god of the chicken group shaped like egg is sleeping somewhere in the way. When one can keep laying egg healthily every day thanks to the egg’s sending energy in the earth. Though it’s Cooke Cooke crying, every generation has handed such legend down to chickens. Really, this legend became true. When children play and crack egg of a gift at the lobby of new Chitose Airport, huge egg appears from the bottom in a sudden place, and it’ll break and become Tamagonodon, and I have begun to run wild. But Tamagonodon fancies the passenger plane which took off exactly the mother. Tamagonodon who tries to copy and fly in the air……. It can’t fly. Tamagonodon which becomes increasingly more furious. Chickens of Chitose JUU cry then, and Tamagonodon is dissuaded. Then the form of the kaijyu burst suddenly, and it was the egg from which an countless wing grew and flew out in the sky, and I melted away. Was a monster the illusion expectation of chickens produced? These talk and chicken know whether a point or egg is a point for no one.

DATA

棲息地
新千歳空港付近
ご当地
北海道千歳市
種類
鶏卵怪獣
モチーフ
必殺技
卵白ビーム 卵黄ショット カラザチェーン
  • タマゴノドン Tamagonodon
  • タマゴノドン Tamagonodon
  • タマゴノドン Tamagonodon
  • タマゴノドン Tamagonodon
  • 身長:55m
  • 重量:28,000t
  • タマゴノドン Tamagonodon
  • タマゴノドン Tamagonodon
  • タマゴノドン Tamagonodon
  • タマゴノドン Tamagonodon

MOVIE

  • ご当地怪獣 公式YouTube

    ご当地怪獣 公式YouTube
  • ご当地怪獣 公式Twitter

    ご当地怪獣 公式Twitter
  • ヒョウガラヤンTwitter Banner

    ヒョウガラヤンTwitter
  • あなたの街にご当地怪獣

    あなたの街にご当地怪獣