ポカポンゴン Pokapongon タイアップ 怪獣No.0030

先行公開(原型デザイン案公開)

PROFILE

「土が哭いとるんや」。信楽の里に住む老陶芸家が呟いた。滋賀県南部には古琵琶湖層と呼ばれる良質の土が堆積している。その土が、日本列島の大地殻変動を受け、マグマの熱で、史上最大の信楽焼が生まれようとしていたのだ。
「信楽焼は狸の置物だけではない」。かねてよりそんな思いがあった地元民は、こぞって「良い壺が焼きあがりますように」と念を送った。ところがその時、日本中の狸の置物が鳴動し、波動が地中を伝わった! 狸の思いが滋賀県民の願いに勝った。現れたのは、巨大な狸の格好をした怪獣ポカポンゴンだった。老陶芸家は、つがいのメス狸の置物を作ってやり、二匹を山に帰してやった。

“The land is crying!” The ceramic artist who grew and has lived in Sato in Shigaraki, murmured “The land is crying!”
There is good soil called Kobiwako layer that is accumulated in southern part of Shiga prefecture. The earth receives Japanese big crustal alteration, and the historically biggest Shigaraki ware ever was going to be born by heat of a magma now.
The local people who had the thought that they say “Shigaraki ware wasn’t only an ornament of a racoon dog.” Sent a sense to make a good pot. But, then all ornaments of a racoon dog in all Japan rumbles in a wave motion. it was transmitted! Expectation of a racoon dog won the wish of Shiga-ken people. It was Kaijyu called Pokapongon with a figure of the huge racoon dog suddenly appeared. The old ceramic artist made an ornament of a female racoon dog of a brace and attributed two to a mountain.

DATA

棲息地
信楽の里
ご当地
滋賀
Shigarakinosato, Shiga Prefecture.
種類
たぬき陶獣
モチーフ
信楽焼き
必殺技
八つ裂き傘輪 千畳敷プレス
弱点
頭が弱い
  • ポカポンゴン Pokapongon
  • Coming Soon
  • Coming Soon
  • Coming Soon
  • 身長:36m
  • 重量:20,000t
  • ポカポンゴン Pokapongon
  • Coming Soon
  • Coming Soon
  • Coming Soon
  • ご当地怪獣 公式YouTube

    ご当地怪獣 公式YouTube
  • ご当地怪獣 公式Twitter

    ご当地怪獣 公式Twitter
  • ヒョウガラヤンTwitter Banner

    ヒョウガラヤンTwitter
  • あなたの街にご当地怪獣

    あなたの街にご当地怪獣