マンゴラー Mangolar タイアップ No.0043

先行公開(原型デザイン案公開)

PROFILE

日本各地で、突然人々が消える事件が相次いだ。共通点を調べると、全員、お土産に貰った最高級の宮崎産完熟マンゴーを食べていたという。
時を同じくして宮崎では異変が起きていた。高千穂の峰の空に一筋の亀裂が走り、神々しい光が漏れ溢れて来たのだ。そこに謎の僧侶一行が現れて叫んだ。「いよいよシャンバラへの扉が開くのだ!」と。「最高級完熟マンゴーの美味しさが快楽物質エンドルフィンの分泌を促し、A10神経を経由して理想郷シャンバラへの扉を開いたのです」と、チベットから来たという若い学僧が説明する。
失踪者が増えるに従って時空の裂け目は大きくなる。やがて亀裂の向こうから聖獣マンゴラーが現れた。マンゴラーの体から発する香気は、人々の脳内を楽園に導いた。恍惚となった人々は次々に姿が消えていく。だが、山を下り、町に近づくにつれてマンゴラーの様子がおかしい。環境汚染、人心の荒廃──楽園とは程遠い地球の現状が、マンゴラーの鋭敏な神経を狂わせてしまう。狂暴化した怪獣を自衛隊が攻撃しようとすると、その背中のオレンジ色のブロックの中に、失踪した人々が恍惚の表情を浮かべているのが見えた。これでは攻撃できない。だが、果樹園業者の方々の発案で、宮崎県中のマンゴー果実捕獲ネットが集められ、それを巨大な網にしてマンゴラーを包んだところ、あまりの心地よさにマンゴラーは恍惚の表情を浮かべ、背中の人々を解放して再びシャンバラに消えていった。チベットの僧によると次に扉が開くのは1000年後だという。助けられた人々はみな、少し寂しげな表情を浮かべた。そしてまたあそこに行きたいと願いながら、今日も完熟マンゴーを食べるのだった。

DATA

棲息地
理想郷シャンバラ
ご当地
宮崎
種類
楽園果獣
モチーフ
マンゴー
必殺技
マンゴラー香気
  • マンゴラー
  • Coming Soon
  • Coming Soon
  • Coming Soon
  • 身長:35m
  • 重量:30,000t
  • マンゴラー
  • Coming Soon
  • Coming Soon
  • Coming Soon
  • ご当地怪獣 公式YouTube

    ご当地怪獣 公式YouTube
  • ご当地怪獣 公式Twitter

    ご当地怪獣 公式Twitter
  • ヒョウガラヤンTwitter Banner

    ヒョウガラヤンTwitter
  • あなたの街にご当地怪獣

    あなたの街にご当地怪獣

バナー270

バナー270